VOICES

社員紹介

入社2年目から、先端技術を駆使した事業開発に着手
次代を見据えた仕事に取り組む

BPO事業本部 事業推進部 ビジネスプラットフォーム & AI・RPA担当 / 2017年入社

オン/オフに関わらず、自分の知らないことは何でも興味をもってしまう性分。休日を「仕事が休みの日」と捉えると仕事中心になってしまうので、目的をもって「〇〇をする日」と捉えているとのこと。プライベートでは外に出ることが多く、750ccのバイクにまたがりツーリングに出たり、ゴルフを楽しんだりしている。

大学院では、メディアサイエンスという分野を専攻。当社の事業とは直接、関係のない分野でしたが、当社が取り組むAI・RPA等の先端技術にふれたいという強い想いから、入社を決めました。

現在、取り組んでいるのは、ロボットやAIを使った現場業務の自動化、効率化についてです。ホワイトカラーの定型業務を自動化する、RPA(Robotic Process Automation)には、現在、数多くの企業が注目しています。人々を単純労働から開放していくためにも、今後、ますます重要度を増していくでしょう。
同時に、社長直轄のプロジェクトである「AIラボ」のメンバーにも加わり、音声認識システムを使った、コールセンター業務の効率化にも取り組んでいます。これは、お客様が電話を通して話された質問内容を、音声認識技術を使ってテキスト化。そこに記された内容から必要な回答を類推して、オペレーターに呈示しようというものです。まだまだ、クリアすべき課題も多いのですが、数年以内には、実用化に漕ぎ着けたいと考えています。まさか2年目から、こうした先端分野の仕事に携わることになるとは! 私自身、全く予想していませんでした。

スタッフの士気を高め
チームとしての一体感をつくり出していく仕事に大きな手ごたえ

BPO事業本部 青森業務部 第三運用担当 / 2015年入社

休日は、しっかりオン/オフを切り替え、プライベートを存分に楽しむため睡眠もしっかり取るよう心がける。
買い物やドライブなど、好きなことをしている時には、一切、仕事のことは考えないとのこと。また、音楽を聴くことも大好きで、お気に入りのアーティストのライブに行ったりと休日をしっかり楽しんでいる。

学生時代、授業の中で問題を的確に捉え、原因分析から問題解決に至るまでの考え方について学びました。当社を訪れた際、説明を受けたのは「様々な企業へ高品質なBPOサービスを提供している企業」だということ。私は、これを「お客様の抱える問題に柔軟に対応し、解決を図ること」と捉え、学生時代に学んだ問題解決の考え方・スキルが活かせると判断したことが、入社の動機です。

これまで、5つのプロジェクトに入り、家電、通信、金融、公共など様々な業界の事務処理、コンタクトセンターを経験してきました。現在は、行政機関に導入されている電子申請システムのヘルプデスクにおいて、リーダとして業務の進捗、品質、スタッフの勤怠等の管理を行っています。日々の業務を通して痛感しているのは、こまめにコミュニケーションを取ることの大切さです。スタッフそれぞれに抱えている課題は異なり、私はそれらをしっかり把握した上で、きめ細かく指導していかなければなりません。また、モチベーションを高く持てるよう「私を信じてついてきてください」「一緒に頑張りましょう」といった声がけをして、チーム一丸となって仕事ができる環境づくりに努めています。

PAGE TOP